<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「わたし」

お兄ちゃん(小3)のクラスでは、毎週金曜日に「名文暗唱」という宿題が出ます。

担任の先生曰く、3年生というのは言葉の力を増やすのに大切な時期とのこと。

名文を覚えることで、たくさんの単語や言い回し、日本語の美しいリズムを身体で覚えることができるそうです。

それで、金曜日には決まって、名文暗唱が宿題です。


先生が 谷川俊太郎さんと 金子 みすゞさんが好きなので、そのお二人から出ることが多いのですが、

お兄ちゃんが、それをきっかけに、我が家にある絵本の中で谷川俊太郎さんが書いているものを集めていました。


その中の一冊がこれです。

「わたし」
わたし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)わたし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
谷川 俊太郎 長 新太

福音館書店 1981-02-02
売り上げランキング : 61811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんな内容です↓


わたしは、お兄ちゃんからみると「妹」、犬からみると「人間」、
ありからみると「でか」、おまわりさんからみると「まいご?」・・・

わたしはひとりなのに呼び名はいっぱい。
ひとつひとつが納得で、うなずけるものばかり。


自分って、こんなにいろんな見方があるんだ・・・と感心します。

自分を取り巻く世界がいまより広く感じるような。

子どもに広い視野を持ってもらえそうな。

いろんな受け取り方ができそうで、好きな絵本です。


少し前の新聞で見たのですが、谷川さんがご自身の手がけた絵本の中で

一番好きな絵本を聞かれていて、この「わたし」を選んでおられました。


明日、お兄ちゃんのクラスの朝の読み聞かせに行って来ます。

別の本をメインで読む予定ですが、もし時間があまればこれも読みたいな・・・と思っています☆

(最近、もうすぐ3歳の娘の主張が強くなって、読み聞かせの場に連れていくのが困難になってきました(>_<)
明日はどうか静かにしていてくれますように…!)




読んでいただきありがとうございます♪
「子どもへの読み聞かせ」というランキングに参加しています。
↓ ポチッとしていただくとありがたいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
[PR]
by tainami329 | 2012-06-27 22:25 | 今日の絵本

よるくま

父の日のあった週末、関東はとっても蒸し暑かったです。

その蒸し暑さのせいなのか、日ごろの疲れが出たのか、年のせいか(←パパ曰く)、なんだかだるくて何もする気がおきなかった週末でした。


夕飯の洗い物をしようと思いつつ、「あー何だか横になりたーい。」と思い…
キッチンの床に横になってしまいました。
だって、リビングで横になると子ども達がまとわりついてきそうで…

でも、結局すぐにバレて、お兄ちゃんも娘も一緒になって横になったり、私の上に乗ってきたり(>_<)
「もー、あっちに行ってー!!」と叫んでしまいました。


飽きたお兄ちゃんはすぐにいなくなりましたが、娘は残って私の頭に触りながら、何かを言っています。
よく聞こえなくて、ちゃんと聞いてみると…

「お前に自転車買ってあげようか」と言いながら、横たわる私の頭をなでてくれていました。

じーん(涙)
ありがとう!娘ちゃん!


その言葉はこの絵本からきています。

「よるくま」
よるくまよるくま
酒井 駒子

偕成社 1999-11
売り上げランキング : 5691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんなお話です ↓


男の子がベッドで寝る前に、お母さんに話しかけます。

昨日くまのこが遊びに来たんだ。よるくまという名前。

よるくまのお母さんが寝ている間にいなくなってしまったので、男の子も一緒に探しに行ってあげたというのです。

公園やよるくまの家の中まで、二人で捜し歩いたけれど、よるくまのお母さんはどこにもいません。

そのうちよるくまは泣き出してしまいます。

そのまっ黒な涙でまわりが何も見えなくなったとき、助けてくれた人は…




よるくまのお母さんはどこに行っていたのでしょう。

そのよるくまのお母さんのセリフに、娘の言った「お前に自転車買ってあげようか」が出てきます。




想像ですが…よるくまは、普段も少し寂しい思いをしているのかな。

よるくまのお母さんは、それを申し訳なく思っていて、この夜によるくまと出会えてからは、とても愛情あふれることばをかけてあげます。

その言葉かけの仕方が、私もとても好きなのですが、娘もそう思って覚えていたのかな。

娘には2,3回しか読んでいないと思うのですが、印象に残るフレーズだったのでしょう。



だるいし、疲れているしで、ついイライラしてしまって、普段より当たりもキツくなってしまっていたと思うのに…


その絵本のシチュエーションを思い出すと、娘のかけてくれた愛情で胸がいっぱいになり

疲れもぶっ飛び(少しだけ)、「ありがとう」と優しい声でお礼を言うことが出来ました。



こんなとき、人は一人で生きているわけではないのだなぁ、としみじみ感じます。



手がかかってきて大変!と思っていた娘に思いがけず癒されて、母親業も捨てたもんじゃないな、と、心があったかくなった夜でした。


(でもその後、歯磨きを嫌がった娘には、きっちり厳しく言い聞かせて歯磨きした鬼ママでした←すぐにいつも通り)





読んでいただきありがとうございます♪
「子どもへの読み聞かせ」というランキングに参加しています。
↓ ポチッとしていただくとありがたいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
[PR]
by tainami329 | 2012-06-18 22:43 | 今日の絵本

梅雨入り寸前に…

翌日から梅雨入りか?!という貴重な晴れの日に、よむまむを行ってきました☆

ご都合で欠席の方もあり、7組のママ&子ども達が集まってくれました♪


まずは手遊びから…

いろんな手遊びを紹介しようと、今のところ毎回違うものをしています。
今回は「さかな が はねた♪」
みんな上手に一緒に遊んでくれました。


そして絵本のお話へ…

e0256223_22434635.jpg



今回は4月から3ヶ月連続でお話している
「小学生までに読んでおきたい絵本」の完結編。

⑤言葉で伝えられないことを伝えてくれるもの



⑥経験や体験へ導いてくれるもの

を数冊読みながらお話しました。



皆さん、お子さんがご一緒にもかかわらず、熱心にメモを取りながら聞いてくれていました。

子どもの成長をより良いものにしたい、というママたちの熱心な気持ちが、ひしひしと感じられました。


そして、絵本を読んでいるときの子ども達は本当におとなしく、しっかり聞いてくれています。

他の絵本にも興味をしめしてくれていて、みんな絵本が好きなんだなぁと
ほのぼのした気持ちになりました。




お話の後は、スキンケア作りへ。

今回は「ヘアーオイル」です。

e0256223_22473060.jpg



お子さんに使うといい、という話でしたが、私は自分が使いたい!

パサパサ、ぼさぼさになりがちなこのヘアー、オイル効果でしっとりさせたいものです。



そしてお待ちかねのおやつタイム♪

今回のおやつは「くずもち風片栗餅」

e0256223_23131916.jpg



ほんのり甘くて、少しひんやり、のどにつるんと入っていく感触が、
夏を思わせるくらいの暑さだったこの日にぴったりでした♪

子ども達もとってもよく食べてくれて、おかわりが続き、皆ですっかり食べきりました☆

e0256223_23301629.jpg



おなかも少し膨らみ、場所にも慣れた子ども達は、それぞれ自由に遊び始めます。

絵本をママに読んでもらったり、他のお友達と一緒に遊んだり、様々に楽しそうにしていました。


何より印象的だったのが、お手伝いをしてくれる子がたくさんいること!

絵本を積み重ねてくれたり、おやつのお皿を下げてくれたり、ざぶとんを重ねてくれたりと、みんな上手にお手伝いしてくれます。

どうもありがとう!

子ども達の成長を改めて実感したひとときでした☆



皆さんのおかげで、徐々によむまむの認知が広まってきた気がします。
ありがとうございます☆

今回、定員になってしまい、お断りさせてもらった皆さん、すみませんでした。
ぜひ来月にお会いできると嬉しいです。

7月は13日(金)に行いますが、8月はお休みします。


9月からのチラシを今、作成中です。(Cちゃん、いつもありがとう!)

いらしてくれるお子様の年齢で2回に分けようか… 
皆さんの期待に沿えるように構成したいと、スタッフで悩み中です。

また変更があればお知らせしていきますね。


暑い中いらしていただいた皆さん、ありがとうございました。
ぜひまた遊びに来てください☆



読んでいただきありがとうございます♪
「子どもへの読み聞かせ」というランキングに参加しています。
↓ ポチッとしていただくとありがたいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
[PR]
by tainami329 | 2012-06-08 23:26 | よむまむ

ちくわのわーさん

娘がパパさんに絵本を読んでもらっていました。

「ちくわのわーさん」
ちくわのわーさんちくわのわーさん
岡田 よしたか

ブロンズ新社 2011-10
売り上げランキング : 1821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



先日、図書館から借りてきた絵本のうちの一冊です。

私が気になって借りた絵本なので、夕飯を作りつつ、耳だけパパさんの声へ傾けていたところ…

「○○○やで~」

あ、また関西弁で読んでる!!


パパさんは生粋の関西人です。
転勤族のためいろんなところで暮らしており、一応標準語も話せますが、たまに、
絵本を勝手に関西弁にして読み聞かせる、というワザ(?)を持っています。

「またワザを使ってるな~」と思いながら聞いていました。


寝る前の絵本を選ぶときに、娘がまた「ちくわのわーさん」をセレクト。
私も読みたかったので、いそいそと持ってお布団へ向かいました。


読んでみたら… あら、わーさんのセリフは関西弁でした。

(疑ってごめんね、パパさんよ)



何だか、不思議に面白い絵本です。

まずタイトルが表紙にしかない。
いや、そういう絵本もよくあるにはあるのですが、そういう場合は見開きからすぐにお話が始まります。
この本は、表紙をめくった見開きにも、お話は始まっていないのに
わーさんが出てきます。

無意識に「ちくわのわーさん」とタイトルを言ってしまい、「あ、書いてなかった」と気づきました。
何だか不思議。


そして、おしゃべりをする擬人化された、ちくわのわーさん。
でも、顔はありません。

擬人化されたときって、たいてい、目や口が書かれているものですが、わーさんはちくわのまま・・・
マカロニさんやスパゲッティさん、海苔巻きさんも脇役で出てきますが、これらの方も顔はなし。

うーん、やっぱり不思議。


わーさんが寄り道をしつつも、程よく急ぎながらどこかへ向かうお話です。
そして着いた先には、お仲間達が待っています。
そこで何がおきるのか…
擬人化されなくなったわーさんが、少ーし哀愁を誘います(・・・と思うのは私だけかも)。




ちなみに、裏表紙でわーさんがすべり台をしているのですが、娘はその絵が気に入ったようです。

「すべり台してるー。ちーやんと一緒だね。」と言いながら、長いことながめていました。


ちくわに共感していたのでしょうか・・・



私は、海苔巻きが海苔と中身の具をわーさんに貸してしまい、
白いご飯だけになって、何だかさびしそうに待っている姿が気に入りました。

海苔巻きは、やはり具と海苔があってこそ!ですよね。



ちくわ・・・小腹がすいたときに食べるように、たまに買ったりもするのですが、

何となく、食べにくくなりそう・・・

当分ちくわはおあずけになりそうです☆



読んでいただきありがとうございます♪
「子どもへの読み聞かせ」というランキングに参加しています。
↓ ポチッとしていただくとありがたいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
[PR]
by tainami329 | 2012-06-02 23:20 | 今日の絵本